塗料はカラー塗料だけじゃダメ!

車のボディに傷がついてしまった場合には、ホームセンターやカー用品店で売られている塗料を買ってくることで補修できます。
森林01お店にはメーカーに対応したカラー塗料が売られているので、自分が所有するクルマに合った商品を選ぶようにします。
これによって購入時のボディカラーと変わりない色で補修できるので、塗った後も目立たなくなるのです。

 

 

補修の際には、カラー塗料だけ塗っておけば大丈夫と考える人も多いようです。
しかし実際には、それだけでは色が剥がれてしまったり、光沢がないことで不自然な仕上がりになってしまいます。
他にも下地作り用の塗料などを買い揃えることで、より本物に近い仕上がりが実現できます。

 

 

買い揃えるべき塗料は、プラサフとクリアーになります。
前者が下地作りに必要な塗料で、上から塗る塗料の食いつきを良くするために用いられます。
下地を隠す意味合いもある隠蔽力の強い塗料で、全ての色を塗る際にも使えるので一本買っておくとよいでしょう。

 

 

後者のクリアーは、塗装面の上から吹き付ける目的で用いられます。
透明の膜を作ってくれるので、素晴らしい光沢を生み出してくれます。
さらに塗膜を保護する目的もあるので、きれいな仕上がりを目指すためにも合わせて使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

Comments are closed.