傷をそのままにしていては愛着も薄らいでいく

常夏車に付いた小さな傷、放置してはいないでしょうか。飛び石や軽い接触など、ドライバーが気が付かないうちに塗装に傷がついてしまうことはよくあるものです。しかし、傷の放置はサビが浮いてしまう一番多い原因と言えます。

 
特に、小さな傷ほど大したことはないと気に掛けないでしまうものですが、塗装の裏側に腐食が進んで塗装が浮いてきてしまうことも多々あります。そうなると、多少の修復では対処できません。もちろん、後々買取りを頼んだ際の査定額にも影響してきます。

 
もしも塗装に傷がついてしまったら、なるべく早めに修復しましょう。カーショップでよく売っているタッチペンも、初期の傷には有効です。手軽に使えるので、カラーに合わせて一本持っておくといいですね。もしもすでにサビが浮いてしまっている場合、専用の転換液というものもあるのでそれを使ってもいいでしょう。もしくは、塗装ごと削り落として専用パテで凹みを埋め、再塗装してしまう手もあります。

 

最近は初心者にも使いやすいスプレータイプの塗料も多く販売されていますので、それらを利用すると安上がりですね。
放置をしすぎて後悔をしないように、気がついたときにサッと応急処置をし、きれいな塗装を保ちたいものですね。

 

 

 

Comments are closed.